接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
はじめに
SKパウチシステムは優れた効果が得られる省ゴミ対策容器です。
使用後に1/10の大きさにまで縮まります。
その他に、在庫スペースを縮小できる、傾斜のある場所で使用しても転がることがないので安全、等の特色もあります。
また、容器が柔らかいので手絞りも可能です。
今回は、専用のコーキングガンを使用して、パウチ入りのシリコーンを施工しています。
もし、ガンをお持ちでない場合、手絞りでも施工可能です。
開封
SKパウチのお尻の部分を握ってフィルムを張るようにします。ノズルかドライバーのような尖った物で吐出口の中を破ります。
ノズルの取り付け
ノズルを取り付けます。
手絞りで作業をする場合は、この時点で準備完了です。
パウチガンに装てん
専用パウチガンにSKパウチを装てんします。
通常のカートリッジガンはご使用いただけません。
当社では、パウチ専用エコガン、パウチ専用プロガンなどを取り扱っています。
キャップを閉める
キャップを取れないようにしっかり閉めます。
施工
後は、通常のコーキングガンの使い方とほぼ同じです。
レバーを引いてシーリング材を押し出します。
ノズルの先が細すぎるとパウチ袋の破裂につながりますので、注意しましょう。
使用後パウチの取り出し
キャップを開けて潰れたゴミを取り出します。ソーセージタイプと違いほとんど手や工具を汚しません。
ゴミの減量
カートリッジタイプに比べゴミの量がこんなに少なくなります。
カートリッジ容器の場合と比べて、およそ1/10のサイズです。
シーリング材を大量に使われる方にお勧めの容器です。