接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
はじめに
シーリング材を施工する際、どのぐらいの量が必要なのか、また1本のカートリッジでどのくらいの量が施工できるのか。
プロの方でもDIYの方でも、一度は悩まれたことがあると思います。
シーリング材の施工に必要な量は、目地の深さ、幅、目地の長さによって異なります。
言い換えれば、この3つさえわかっていれば、計算することはとても簡単です。
今回は、シーリング材の必要量の計算方法を幅10mm/深さ10mm/長さ150mの目地を例に挙げて、計算してみました。
測定
まずは、シーリング材の量を計算するために必要な数値を測定しましょう。

1、目地の深さ(mm)
2、目地の幅(mm)
3、目地の長さ(m)


目地の長さだけがメートル、その他がmmで測定してください。
長さだけ単位が違いので、注意しましょう。

今回は例として
幅10mm/深さ10mm/長さ150mの目地を320mlのカートリッジで施工する場合に必要なシーリングの量を計算してみます。
目地の体積を計算
次に、目地の体積を計算しましょう。
体積=総使用量になります。

【体積(総使用量ml)】=【幅(mm)】×【深さ(mm)】×【長さ(m)】


幅10mm/深さ10mm/長さ150mの目地の場合
10(mm)×10(mm)×150(m)=15,000(ml)

総使用量は15,00ml(15L)。
カートリッジ本数に換算
さきほど、計算した総使用量をカートリッジ一本あたりの入り目で割れば、
カートリッジを使用した場合の必要本数がわかります。


シャープ化学では320ml入りのものが多いので、320mlで計算します。
しかし、実際に施工する場合、ロスが発生します。
たとえば、商品の2割をロスしたと考えますと

320ml×0.8(2割)=256ml

になりますので、実際に使用できる量は256mlになります。
カートリッジ本数に換算すると

【カートリッジ本数(本)】=【総使用量(ml)】÷【製品容量(ロス考慮分)(ml)】



幅10mm/深さ10mm/長さ150mの目地の場合
15,000ml÷256ml=58.59375本
ですので、
必要本数は約59本になります
まとめ
@目地の体積(総使用量)を計算
*長さの単位のみm(メートル)なので注意

【総使用量(ml)】=【幅(mm)】×【深さ(mm)】×【長さ(m)】



Aシーリング材の必要本数の算出
*ロスを考慮し、ロス率を20%と仮定する

【必要本数(本)】=【総使用量(ml)】÷(【製品容量(ml)】×【ロス率】)

例:20%の場合は×0.8