接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
はじめに
シーリング材にはいくつかの種類があります。
シリコーン、変成シリコーン、ウレタン、アクリル、ブチル、などです。
シーリング材の特徴はそれぞれ異なり、特徴によって使う場所も異なります。
この項目では、シーリング材の特徴について簡単に説明したいと思います。
適材適所表は、こちらのページにもご用意していますので、ぜひあわせてごらんください。
http://www.sharpchem.co.jp/info/construction.html
シーリング材の種類
硬化してゴム状になるまで過程がシーリング材の種類によって違います。用途に応じたシーリング材をお選び下さい。
シーリング材の種類
化学反応を起こして固まるタイプや乾燥して固まるタイプなど、様々なシーリング材があります。
湿気硬化型・乾燥硬化型・非硬化型・混合反応硬化型
湿気硬化型:空気中の水分と反応して硬化するタイプ。
乾燥硬化型:乾燥により硬化するタイプ
非硬化型:表面に酸化皮膜を形成するタイプ。内部は硬化しません。
混合反応硬化型:主剤と硬化剤を混ぜ合わせ、化学反応によって硬化するタイプ。
シリコーン系シーリング材
耐候性・耐水性・耐熱性良好。
キッチンや浴槽廻りの補修など。
※上から塗装出来ません。
変成シリコーン系シーリング材
耐候性・塗装性良好
硬化後はシリコーン系のシーリング材と違い塗装可能。
建築や板金加工などに使用される。
アクリル系シーリング材
水性エマルジョンタイプ
水性なので取り扱いが簡単。
水分が抜けて硬化する特性を持つため、硬化後肉やせ有り。
内装目地など。
ポリウレタン系シーリング材
塗装性良好
耐候性がよくないため、屋外での使用の場合は上から塗装が必要。
塗装下地処理、ALC板の目地充填。


ポリサルファイド系シーリング材
耐油性・耐候性良好。
躯体目地など。
ブチルゴム系シーリング材
粘着力強。
硬化後もべたつきが残る。
コンテナのジョイント部分や板金のはぜ折部分。
油性コーキング
シーリング材の原型。
板金のはぜ折部のシールなど。