接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
はじめに
シーリング材を使用し終わった時、キチッと容器の中身がゼロになった人は少ないかと思います。
メーカーの人間がいうのもなんですが....
目地のサイズに合わせてカットしなくてはいけないノズル形状であることでフタをつけることができていません。
お詫びのしるしといってはなんですが、こちらで保管方法を案内さし上げます。
※あくまでも弊社社員が編み出した方法であり、内容を保証するものではありません。
 

シール材の使用開始
ノズルの先を施工部のサイズに合わせカットする。
先端を保管する
カットしたノズルの先端は捨てずに保管しておく。
使用後、先端部の利用
使用後、中身があまって一時的に保管する場合、先ほど保管しておいたノズルの先端を図のように差し込む。
先端部の差し込み
空気が入らないようにきちんと差し込む。
テープで固定
差し込んだ先端をテープで固定する。隙間が出来ないよう気をつける。