接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
はじめに
吸盤の接着補強に最適なピタッ!とPeelは、貼ってはがせる化学反応型の接着剤です。
接着剤が固まることで、強度を持ちます。
何度くっつけても落ちてしまう吸盤や、吸着力の弱くなった吸盤にはもちろん、
水まわりや屋外など耐久性が要求される箇所にも、ピタッ!とくっつきます。
また、不要になったときには、綺麗に剥離させることができます。
ペースト状なので、ざらざら面や凹凸面にも使用可能です。
塗布
ピタッ!とPeelを吸盤に塗ってください。
吸盤の吸着面の内側に、中心から円を描くように塗布しましょう。
吸盤の面積の3/2ほどが埋まるぐらいの量が目安です。
チューブから出したまま、盛るように塗ってください。
薄く塗り広げないように注意してください。
接着
対象面に接着させます。
押し付けるようにして接着させましょう。
吸盤の内側から接着剤がはみ出るぐらいに強く押し付けてください。
(はみ出した部分は後で、綺麗に撤去できます)
固まるまでは接着力を発揮しないので、固まるまで触らないようにしてください。
ケースなどの部品が付いていて自重で落ちてしまう場合はマスキングテープなどで補強してください。
約24時間ほどで、落ちない程度の強度を発揮した状態で接着剤が固まります。
硬化
硬化するまで待ちましょう。
ピタッ!とPeelは硬化して初めて強度を持ちます。
固まるまでものをぶら下げたり、置いたりしないようにしてください。
固まるまで24時間程度必要になります。
(綺麗に剥離できるようになりまでは、もう少し時間が必要になります)
また、固まれば周囲にはみ出した接着剤を撤去することができます。
その際は、吸盤を押し付けるようにして、隙間から空気が入らないように気をつけてください。
空気が入ると、予期せぬ剥離の原因になります。
凹凸面などから剥離させる場合は特に注意してください。
剥離
吸盤を移動させたい、撤去したい場合、綺麗に剥離することができます。
吸盤の端をめくり上げるようにして、対象面を傷めないようにゆっくりはがしてください。
吸盤あるいは対象面に接着剤の硬化物が残ることがありますが、それも綺麗にはがすことができます。