接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
ブルーシート
屋根が損傷を受け、とりあえずブルーシートをひかれる場合に、ブルーシート同士の重なりが発生するかと思います。ガムテープ等で貼っておられるケースを見受けますが、どうしてもシートのたわみや雨水によって剥がれやすくなります。
こんな場合には、ブチルシーリング材をお使いくだされば、重なりのすき間よりの雨水の浸入をある程度防ぐことができます。
ひび割れ充填
壁に亀裂が入り補修する際に、内壁外壁を問わずシリコーン系は、使用しないでください。後から、塗装ができなくなったり、壁紙をうまく接着できなかったりします。変成シリコーン系、ウレタン系、アクリル系、油性コーキング材のご使用をお薦めします。
アクリル系は硬化後肉やせしてしまいますので、使用箇所にご注意ください。
また、マンション等で鉄筋コンクリートの柱や構造壁などにおけるひび割れは、専門の業者様に補修を依頼してください。
瓦が損傷受けたり、落ちたりした場合、今後の地震、台風を考慮してより補強を考えた補修を行ってください。