接着剤やシーリング材、防水材などをお探しの方へ

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

作業の手引き

シーリング材の種類 シーリング材の施工 SKパウチシリーズの施工方法
バスシールの施工 塗膜防水材の施工 ピタッ!とPeelの使い方
シーリング材の使用量計算方法 シーリング材の保管 地震後の応急処置
壁とポストの取り合いへの施工方法 カートリッジガン(コーキングガン)の使い方 ジェットフローガン、スプレイアブルの施工
木部の補修方法 メガハードワンの施工(打ち替え) 貼ってはがせるシーリング材シリーズ
はじめに
木部用補修材『もくもく補修材』でログハウスやお庭のウッドデッキの補修が簡単にできます。
もくもく補修材は硬化後硬いゴム状になるので床部にもご使用いただけます。
工具の準備
もくもく補修材・カートリッジガン・軍手・ヘラ・刷毛など
施工部の清掃
施工部の腐食部やゴミなどをキレイに取り除きます。
プライマー塗布
専用プライマーP-50をムラのないよう丁寧に塗布します。そして、よく乾燥させます。
材料の施工
もくもく補修材をカートリッジガンを使い押し出します。その際ノズルの先が施工部のそこに当たっていることを確認して施工してください。
ノズルを底につけたまま空気を巻き込まないように施工します。表面が少し盛り上がる位が目安です。
表面仕上げ
ヘラなどで表面を軽く押さえます。
表面の硬化が始まる前にヘラで余分なシーリング材を取り除き表面を均します。
その際余った材料はいらなくなった容器などに入れます。上手く出来れば余った材料を次の施工箇所に再利用できます。
※すばやく行わなければいけないので慣れないと大変です。
完成
内部が硬化するまで約1日乾燥させてください。